フェイスリフト(顔のリフトアップ)手術のリスク

たるみ治療

「たるみ 治療」と検索すると、最先端の切らないたるみ治療が出てくるのに対し、昔から行われてきたリフトアップの手術も目につきます。リフトアップの手術を行っているクリニックのHPには、手術の良い点しか書かれていませんよね。リフトアップの手術のリスクはあるのでしょうか?

一般的なたるみをとる手術では、髪の生え際や耳元を切開してたるみを引き上げ、縫合します。効果を出すための手術だと、全身麻酔を用いたり、手術時間が5時間を越えるケースもあるそうです。

 

フェイスリフト(顔のリフトアップ)手術の問題点

考えるだけで不安になってしまいますよね。手術後も包帯を巻いたり、抜歯や消毒のためにクリニックに通う必要がある場合も。また、傷痕が見立たない場所を選び切開しますが手術の跡が全く残らないわけではありません。傷痕は白っぽく残ることが多く、肌や髪の色が濃い日本人はその傷痕が目立ちやすいのです。リフトアップを目指して思い切って手術を受けたのに、今度は手術の傷跡が残る…なんて嫌ですよね。

たるみ治療は手術が一番、なんて思っていても実際には制限やリスクが思った以上に多いため、手術どころがたるみの治療自体断念してしまうことも多いのだとか。大切な顔を任せるわけですから、まずはカウンセリングを受けて信頼できるクリニックを見つけ、自分にはどのような治療が最適かしっかり説明を受けることが大切ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました