老け顔、自分で作ってない?

たるみ

たるみがあるのとないのでは、10歳以上印象が変わってくるとっても過言ではありません。

今はたるみが気になっていなくても、たるみや肌のはりを無くしてしまうスキンケアを行っていたら要注意です。

お肌の一番外側にあるのが表皮、その下に表皮があります。お肌のターンオーバーは約1ヶ月ですが、真皮層の新陳代謝には2~3年かかると言われています。よって、真皮にダメージが加わると修復するのに時間がかかってしまうのです。

真皮を老化させるケア

 

1 強すぎるマッサージ

むくみをとったり小顔になるために、お顔のマッサージをする方も多いはずです。しかしこのマッサージ、力が強すぎると真皮層が一気に老け込んでしまうのです。真皮層の約70%はコラーゲンで出来ています。エラスチンという弾性繊維と共に、ネット上に構成されています。これらはとても壊れやすいのが特徴です。小顔マッサージやリンパマッサージを痛いと感じるまでやるのは控えたほうが良さそうです。

2 強すぎるパッティング

マッサージと同じように、強すぎるパッティングは危険です。洗顔時や化粧水をつけるときに強くパッティングすると真皮層を傷つけるどころか、顔の筋肉や毛細血管にもダメージが加わります。毛細血管は強い刺激を受けると簡単に壊れ、見えない炎症を起こして肝斑などシミの原因になります。

以上のように、お肌や毛細血管はとてもデリケートなので、優しくケアするのが必須ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました