マイクロニードルRF治療器ビバーチェによるしわ治療

しわ

美容クリニックで多く取り入れられているビバーチェ。一体どのような施術なのか、このページでご紹介していきます。

ビバーチェとは

vivave_img00

マイクロニードルを用いて、真皮内に直接RFを照射し、しわ取り、リフトアップ、目の周りのちりめんじわ、にきび治療、毛穴ひきしめ、にきび跡治療、妊娠線治療などを行います。

 

vivace_img011cm四方の機器先端部には36本の特殊構造の針(最短0.5cm、最長3.5cmに調整可能)が設置されており、LEDと同時に針先から高周波を照射します。患者様の症状に応じて照射の深さや出力、LEDの種類、ショット回数等の数値を設定することができます。2~3週間に1回の治療を2~3回受けることで、1~2週間で効果が表れます。

vivace_img02

塗る麻酔を使用するため、施術中の痛みもなく終わるようです。

年齢を重ねると気になり出す、目元口元の細かいシワ。ビバーチェはレーザー治療と違い、LEDを使用しているため悪影響がないことから、目元ギリギリまで照射することができるのも嬉しいですよね。

また、肌表面にダメージを加えずに施術ができるため、他の治療に比べてダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)がとても短いことでも有名です。

ビバーチェを導入しているクリニックはまだまだ多くなく、さらにクリニックによっては無資格者が照射している、なんて話も聞きます。ビバーチェはパワーやショット数だけでなく、針の深さも調節が必要です。その方の肌の状態や場所(頬と額では深さを変えるクリニックが多いのだとか)によって変えるため、安心して任せられる医師に任せたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました