たるみ解消の食べ物

たるみ

たるみは紫外線などの外的要因は多く知られていますが、実はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の減少もたるみに関係しています。

たるみに効く食べ物として、普段摂りやすい食品はこのようなものがあります。

納豆

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをし、肌に対する保湿作用のあるため、ハリのあるお肌に導いてくれます。

牛すじ

肌のコラーゲンが不足すると、保湿力や弾力性がなくなり、たるみやシワの原因となると言われています。牛すじは牛のアキレス腱の部分のことで、コラーゲンがたっぷり含まれています。

鶏肉の皮

鶏肉の皮には、ヒアルロン酸やコラーゲンがたくさん含まれています。ヒアルロン酸やコラーゲンは骨や皮の部分に多く含まれます。

卵の薄皮

卵の白身と殻の間の膜にはコラーゲンを増やす効果が期待できると言われています。殻を剥くときに捨てずに、一緒に積極的に食べるようにしましょう。

きゅうり

ウリ科の野菜に多く含まれているシトルリン(アミノ酸)には、代謝を改善する効果があります。シトルリンは医薬品としても使われている成分で、血液の流れをよくしたり、抗酸化機能があります。これにより、新陳代謝の向上やむくみの改善が期待できます。

玉ねぎ

玉ねぎにはケルセチンというポリフェノールの一種が豊富に含まれています。これはビタミンCの吸収を助ける役割や、血流改善効果が知られています。血液が滞ることなく体内を巡っていないと、十分な酸素が細胞まで行き渡らず、老化を早めることに繋がります。また、抗酸化機能が高いので、美容には欠かせない食品です。

 

上記の食品をより効果的に摂るための豆知識として、

夜食べる

カロリーが高いものは控えたほうが望ましいですが、一般的には朝昼よりも夜が最も栄養素の吸収が良いとされています。

ポリフェノールは加熱してもOK

ビタミン類は加熱により壊れてしまいますが、玉ねぎなどに含まれるポリフェノールは熱に強いため、食べやすい調理方法で摂取が可能です。

コラーゲンだけでなくビタミンやミネラルも一緒に

コラーゲンは食べてもそのまま肌に届くわけではありません。一度分解されてから再合成されます。その際ビタミンやミネラルの摂取が関与していると言われていますので、意識的に一緒に摂るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました