まぶたは何故たるむ?

たるみ

まぶたのたるみとは、上まぶたの皮膚が垂れ下がってくることをいいます。はっきりとした二重まぶただった方でも、たるんできている皮膚が上からかぶさってしまい、奥二重のようになってしまうこともあります。たるみが進むと視界が狭く感じられたり、目を見開くクセがつくと額のシワが増えてしまうことも。

まぶたがたるむと活気の感じられない暗い雰囲気になるだけではなく、一気に老けた印象になってしまいます。また、疲労や肩こりにも繋がると言われています。

 

まぶたのたるみの原因は、多くの場合、加齢によるものだといわれています。年齢を重ねると、自然に皮膚のハリは失われ、皮膚の筋肉がゆるんできます。特に、目の周りの筋肉を支えている眼輪筋が弱ると、まぶたがゆるんできてしまうのです。

眼輪筋をはじめとする目の周りの筋肉は、使わなければ衰えてきてしまうものです。これは他の部位にも言えます。例えば、まぶたがたるんでしまっている人が、ウインクをしようとすると、なかなか上手くできない人のほうが多いといわれています。このことから、普段から筋肉を使っていないことが、まぶたのたるみの原因となることが分かります。

また、一日中パソコンやスマートフォンなどの画面を見ている人は、無表情になっていることが多いので気をつけましょう。思いっきり笑って表情を動かしている人は、眼輪筋が強く収縮するので、筋肉も衰えにくいのです。

まぶたのたるみの原因は主にたるみが原因ですが、目を疲れさせない、目を擦らない、メイクの時に強く押さない、といった予防策があります。

タイトルとURLをコピーしました