マリオネットラインとは

たるみ

マリオネットラインは、唇の両脇からあごに伸びる2本の線です。腹話術師が使う人形(マリオネット)の口の部分に似ていることから、このように呼ばれるようになりました。

marionett-line

マリオネットラインができる原因には、以下のようなものがあります。

  • 頬の皮膚や筋肉がたるんで脂肪が下垂
  • 口元から下顎、首にかけて広がる「広頸筋」(こうけいきん)のたるみ
  • 口を「への字」にする(口角を下に下げる)時に使われる「口角下制筋」(こうかくかせいきん)が硬くなる・縮む

これらの要因が重なり、上図のように頬の脂肪が口角下制筋にかぶさることでマリオネットラインが出現します。つまり、マリオネットラインは単なるシワではなく、たるんだ頬の脂肪によってできた溝です。

マリオネットラインにはヒアルロン酸注射を考える方が多いのですが、注入後のほうがたるみが目立ち顔が四角くなった、というケースもあるそうです。

 

マリオネットラインは単なるシワではないことは先ほども説明しましたが、たるみによって目立つため、たるみを改善する施術を勧められることもあるようです。

タイトルとURLをコピーしました