ほうれい線が目立つ人の特徴

ほうれい線が目立ちやすい人には、様々な種類の特徴があります。頬や肌の体質はもちろん、姿勢や普段の癖などが関与しているのです。以下に当てはまる人は、要注意です。ほうれい線が普通の人よりも目立ちやすいといえます。

頬の筋肉が少ない人

丸顔の人、頬や肌の質感がポニョポニョで柔らかい人は、もともと頬に筋肉が少ないため、たるみやすく、シワができやすい傾向にあります。筋肉が少ないため、頬が下がってほうれい線を目立たせてしまうのです。

また、ダイエットで痩せたり太ったりを繰り返している人も要注意。皮下脂肪が減ってしまうことで皮膚がたるみやすく、ほうれい線の目立つ肌になってしまいます。

このほか、パソコンのキーボード操作やスマホ操作で前かがみの姿勢になることが多いという人も注意しましょう。前かがみの姿勢のときには、肌も前かがみの状態になっています。前かがみになった肌は重力に逆らえずに下がっていき、たるみとなってほうれい線を目立たせてしまいます。

姿勢が悪い人、肩こりの人

猫背気味、肩や首がこっている、目が疲れやすいという人は、姿勢の悪さから肩甲骨周辺から僧帽筋の筋肉が凝り固まっている可能性が高いといえます。

肩甲骨周辺や僧帽筋が凝り固まると、顔の筋肉も固まってしまい、筋肉が正常に動かず衰えてしまいます。すると、頬の肉を支える筋肉の働きが弱くなることから、頬はだんだんと下がってしまいます。結果、たるみが引き起こされ、ほうれい線が目立ってしまいます。

口が半開きの人

口が半開きになりやすい人は、口周辺の筋肉が衰えている証拠です。口周辺の筋肉が衰えると頬のたるみに繋がり、ほうれい線が目立つ原因となるため注意が必要です。

また、二重あごやエラのハリが最近気になるという人もほうれい線が目立ちやすい人といえます。口が半開きになりやすいのと同様に、二重あごやエラも顎の筋肉の衰えで起こります。顎の筋肉が衰えると、顎にたるみが生じ、これもほうれい線を目立たせてしまう原因となります。

タイトルとURLをコピーしました