おでこのしわが目立つ人の特徴

しわ

おでこのしわは、歳ととってきたほぼ全ての女性を悩ませるしわです。できやすい上に、目のすぐ上にあることで目立つしわです。

皮膚の質が変わるため、どうしてもおでこ当たりにシワがよってしまいます。ですからおでこのしわができるのは、年令を重ねると当然ともいえます。

ただ、目立ちやすいタイプとそうでないタイプがいるのです

 

1.おでこが狭い

おでこが広いにしろ狭いにしろ、おでこのしわはほぼ必ず刻まれます。そしておでこが狭いと、その分小さな範囲にしわが寄ることになります。

すると最終的に複数のしわが寄り添いあい、一つの大きなしわになってしまうわけです。

 

これは遺伝的なものですので、改善できるものではありません。だからもしおでこが狭いのであれば、おでこのしわができやすいということを自覚して、早くからお肌のハリを保つ対策をするようにしましょう。

 

2.目を開ける時におでこの筋肉に力を入れる

目を大きく見開いたとき、おでこにしわが出来ていませんか?これはおでこの筋肉に力が入っている証拠です。知らないうちに、癖になっている可能性もありますので意識的に直していきましょう。

 

3.髪の毛を引っ張る癖がある

髪の毛を引っ張ると頭皮まで引っ張られてしまうので、皮膚が伸びてしまいます。すると頭皮が下がってきて、おでこにしわができてしまうのです。

無理やり引っ張ると頭皮だけでなく髪にも良くないので、洗髪のときは気をつけましょう。

 

4.おでこを日焼けする

紫外線はシミになるだけでなく、肌のハリを失わせることが分かっています。おでこは汗をかくとすぐに日焼け止めの効果が落ちてしまいます。つば付きの帽子や飲む日焼け止めをうまく活用し、日焼け対策をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました