ビタミンC誘導体とは?

しわ

ビタミンCが肌に良いのは皆さんご存知だと思います。しかし、ビタミンC誘導体という言葉を聞いたことはありませんか?化粧水などを購入する際によく聞く言葉だと思いますが、「誘導体」が付くことで何が違うのでしょう?

 

ビタミンC誘導体が美白成分として国内で本格的に使われ始めたのは、1980年代の半ばからで、美白成分としての歴史は比較的長く、それだけ効果が認められている成分だと言えます。

もともと安定性が悪く、化粧品への配合が難しかったビタミンCを誘導体化することで、酸化しにくい安定型に変えることができたのです。もうひとつ誘導体にすることのメリットとして、皮膚に浸透しやすくなるということが挙げられます。

ビタミンCには、活性酸素を抑える抗酸化作用、できてしまったメラニンを還元する作用、新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの生成促進などの優れた美肌効果があります。

では、肌に良い成分だから、どんな人でもたっぷりと使っていいかというと、その点は注意が必要です。皮脂のコントロールに働きかけるため、もともと肌がドライぎみの人は皮脂量が減って肌が乾燥し、刺激に敏感になってしまうことがあります。

自分がどんな肌タイプなのかを見極めて、ビタミンC誘導体以外の配合成分なども確認して化粧品を選び、適切なケアを心がけましょう。