乾燥する季節に知っておこう!保湿化粧品に含まれる成分を知っていますか?

しわ

保湿化粧品に含まれている成分の種類や特徴を知ることによって、自分に合うものを探してみましょう。保湿化粧品を安易に選ばないためにも、保湿成分の種類を知っておくことが大切です。

コラーゲン

タンパク質の一種で、真皮にハリや弾力を与えます。体内での生産量は年齢と共に減少してしまいます。

ヒアルロン酸

表皮、真皮に存在しているゼリー状の成分で、角質の水分量を高める効果があり、自身の200~600倍の水分を蓄える力があります。

セラミド

細胞間脂質の40%を占める成分で、表皮細胞の隙間を埋めてキメを整え、水分蒸発を防いでいます。

リピジュア

ヒトの細胞膜を構成するリン脂質をモデルに開発された成分。肌の表面に保護膜となって広がり、水分の蒸発を防ぎます。ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持ちます。

プロテオグリカン

皮膚や軟骨などにある成分で、コラーゲンとヒアルロン酸の生産促進作用がある上、上皮細胞増殖因子(EGF)と同じ働きをするので、アンチエイジング効果が期待できます。

セラキュート

セラミドをモデルに開発された成分。セラミドの2倍の弾力性を持ち、肌のたるみやしわを即時に改善し、その効果が長く持続します。

プラセンタ

コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を活性化する成分が含まれており、たるみの予防やハリの改善などが期待できます。

 

保湿を邪魔する成分とは?

アルコール

エタノールのこと。殺菌作用がありさわやかな付け心地であるため化粧水に使われますが、多く含まれるものだと揮発性が高く肌の水分を蒸発させてしまい、乾燥肌を招くことになってしまいます。

合成界面活性剤

水と油と両方に溶けやすい性質を持っているので、肌の油分だけでなく水分も洗い流してしまい、これも乾燥肌の原因となります。